2006年04月08日

第1章 ジョンホ君、誕生

俺、ジョンホは1960年代に、両親とも在日韓国人の長男として大阪で生を受けた。
とは言っても、大阪に住んでいたのは5歳までで、大阪での記憶はほとんどない。唯一記憶にあるのは、何やらよく朝から大人が騒いでいたということだけだ。当時、その騒いでいる言葉は日本語なのか何語なのか理解していなかったが、周りは韓国人の多い所だったので今思うと韓国語だったようで・・・。

とにかく韓国人は声がデカイ! その大声のおかげで目覚まし時計は不要!
多分韓国人の声帯は日本人より発達しているものと思われる!(^o^) 朝から夜まで元気いっぱいである。
元気がいいというだけでなく、声がデカイ者が勝ちで、また強いっていう感覚でもある。\(^o^)/
そんな韓国人コミュニティーの中で育った俺は、もちろん声がデカイ!おまけにしゃべりだしたら止まらない!沈黙が気詰まりなんて経験は人生で一度もない!


話を戻すと、俺は小学校にあがる前に親の仕事の都合で、すでに愛知県に越して来た。
引越し先の愛知県には韓国の学校はなく通常の日本の公立小学校に入学ということになったわけである。もっとも当時自分が韓国人という自負は全くなく、親からは「お前は中国人だから・・・」って訳の分からない教えを被っていた。
多分当時韓国がかなりマイナーで、韓国ということを俺に対して説明するのが面倒くさくて、メジャーな中国を使ったのであろう。大阪にいた当時は、韓国人として育ったはずなのに。しかし、中学生になるまで自分が中国系だと真剣に思っていた俺も情けない・・・。


仮に住んでいる地域に韓国の学校があったとしても、日本の小学校に入学していたであろうが、もし中国の学校があったら入れられていたのかなぁ。(~_~;) ちなみにうちは共産主義者ではない・・・。


ということで、小学校生活は普通の日本人、いや、潜在的在日中国人として過ごしておりました。


おまけ

大阪で現在も在日韓国人が多く居住している地域の代表格が鶴橋市場!大阪市生野区 鶴橋界隈(JR鶴橋駅を下車、一体が韓国市場になっている。)韓国食文化が深く根付いた大阪のコリアンタウン鶴橋。
名古屋からは、近鉄特急でノンストップ。日帰り擬似韓国旅行できます。
一度行ってみて!楽しくておいしいものいっぱいだよ!
posted by ジョンホ at 15:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 留学までの道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鶴橋は有名ですよね(^^) 日本に帰ったら行ってみたいです(^^)/ 
Posted by KIMIE at 2006年04月10日 19:54
私、奈良にいとこが住んでいて、名古屋から近鉄で行くと鶴橋で乗り換えです。毎回駅から外を眺めて、「おいしそうな匂いがする・・・」と独り言です。
私も今度、(なるべく早めに)途中下車して行ってこようと思ってます。韓国大好き!
Posted by ゆきんこ at 2006年04月11日 12:50
鶴橋・・・先月久しぶりに行きました。
相変わらず・・・です。あそこは時間が止まっているよ。韓国食材の宝庫!韓国語が飛び交っているし・・・幼少の頃がよみがえる(笑)今でもまさにリトルソウルだよ。食べ歩きをしてしまいました。
Posted by ジョンホ at 2006年04月11日 16:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。