2006年04月11日

第5章 人生を左右する出会い〜21歳の晩秋

会社も辞めてしまったが、まだ留学まで2ヶ月半以上ある。
それに、一緒に行くはずだった友人のキム ホは行けなくなってしまった。

一人になってしまったからには若干の韓国語でも覚えないと不安だし、もし迷子になったら・・・と思い、名古屋韓国学校に週1で通う事にした。
水曜日の夜7時から9時の2時間の授業である。

しかし、これはほどんどためにならんかった。
元来の勉強嫌いと週1の授業ではせっかく2時間みっちり習ったことも、翌週を待たずに早くも次の日には俺の記憶からすっかりと消える。
そしてまた同じ事を習う→覚える→また消えるの繰り返し・・・。
だからと言って予習、復習なんてするガラじゃないし。いやー参った。




名古屋韓国学校で、韓国語は習得できなかったが俺が唯一得たもの、それは友達です!
日本人の加藤君(通称ヨシノリ・本名)と庄司君(通称ペリー・前述のヨシノリが歴史の授業中、ペリー来航写真を見て、庄司君がペリー提督に似てるとのことで勝手につけた単純なあだ名)だ。
ちなみにヨシノリとペリーは高校時代からの友人同士だ。


ペリーは、高2の夏、授業で水泳があった日に寝坊し遅刻ぎりぎりダッシュで来た際、自宅で干してあった海水パンツを持ってきたつもりが、
中2の妹のブルマーを持って来てしまったツワモノである。
単位がないため休むわけにもいかず、ブルマーをはいて授業を受けたすごい奴だ。
ちなみに彼の身長は高2の時も今も変わらず185cmである。

ヨシノリは無類の女好きで、これは数え切れない武勇伝があるためまた別の機会に。



いずれにせよ名古屋韓国学校に嫌々通っていた1ヶ月半の間に、俺の韓国留学生活を大きく左右することとなる、メンバーと出会ったのである。
そう、後に韓国ソウルで色々な事件を起こすこととなる3人が、この時ついに出会ったのである。ジャンジャン!
韓国留学日記に、これから何度も登場する予定です。我らの活躍をご期待ください!



さて、夜は週1で名古屋韓国学校に通い、昼は何をしていたかというと、喫茶レストランで朝7時から夕方6時までアルバイトをしていた。
アルバイトと言っても入店してすぐにチーフという形になり、厨房を一手に任されてしまった次第でした。
調理の経験はほとんどなかったにもかかわらずチーフとは・・・これも天性の要領の良さがなせる業なのか。

約2ヶ月のアルバイト生活(留学資金作り)はあまり留学と関係ない話題に進みそうなので記述はやめておこう。
ただここでのアルバイト体験で女の怖さを知ったとだけ記述しよう。
不倫・・・不倫・・・♪21の秋〜
posted by ジョンホ at 18:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 留学までの道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、アフィリエイトサイトのe−アフィリと申します。
突然のメール失礼します。
ブログ拝見させていただいて内容・デザイン共に”見せるブログ”としてとても質の高いブログだと思いました。
是非、e−アフィリに参加して頂けないでしょうか?
登録はもちろん無料です。

《1クリック1円〜・1登録1000円》

と幅広い報酬システムにて運営させて頂いております。
詳細などシステムはURL先で確認して頂けますので宜しくお願いします。
何かご質問等ありましたら、メールにてお気軽にお問い合わせ下さい。
ご参加、心よりお待ちしております。
既にご登録頂いてる方、または我社から同様の内容の書き込みをさせていただいたことがありましたらば誠に申し訳ありません。
e−アフィリ http://e-af.net/?o
Posted by e-アフィリ at 2006年04月11日 18:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。