2006年04月14日

第5章 初めての朝

韓国留学生活2日目、下宿で初めて迎える朝である。

お世辞でも爽やかと言える朝ではなかった。


寝心地最悪!
やはり掛け布団だけではなぁ・・・。オンドルの床は硬いので体のあっちこっち痛いわ、
おまけにオンドルの電源(ボイラー)途中で切られていて寒いわ・・・。
これから慣れるまで大変だ。しかしあまり無駄使いは出来んし。

今は我慢だと自分自身に言い聞かす。





日本から持ってきていた目覚まし時計で時間を確認すると6時半であった。
日本では滅多に早起きはしないのだが、慣れていないせいと、緊張のせいか、ぱっちり目が覚めたのである。


とりあえず、顔を洗う、歯を磨く、トイレに行くといった一連の作業のため洗面所へ。


洗面所は俺の部屋の真横にある。1階と3階の2箇所に下宿生が利用する洗面所がある。
昨日の夜も洗面所を利用したのだが、あらためて見ると、トイレ、洗面台、風呂、一応かなり広いスペース(6畳くらい)であり綺麗で快適だ。


ただ、ここで日本との違いを発見!

トイレの便器横になぜかゴミ箱が・・・

汚物入れとかではなくゴミ箱だ。不思議に思ったが、俺はまずシャワーからすることにした。


シャワーの蛇口をひねり、温水に・・・
だが水が・・・  いつまでたっても冷水・・・
冷たい!風邪ひくっちゅーねん!




暫く我慢して待っていたら水が若干温かくなった・・・ような気がした。
よし、浴びよう、と浴びた瞬間、
熱っ!今度は熱湯かよ!
おいおい一人でバラエティー番組の罰ゲームかよ。一体何なんだ、このシャワーは・・・!

そしてまた冷水に・・・今度は冷てーよ!いつになったら適温なんだよ!


それにいきなりシャワーの水圧が下がりチョロチョロとなった・・・。嫌がらせかっ!


しかし、はたから見たら情けない姿でのシャワーとの格闘だ・・・!

時々、めちゃくちゃ熱くなるわ、冷水になるわで朝っぱらからシャワーとバトルかよ。こりゃコツを掴むまで大変だぜ。

あとから聞いた話だが、やはり韓国は水圧が弱くどこでも(ホテルでも)同じ状態になる事が多いらしい。





便器の横のゴミ箱も水圧が弱いため、トイレットペーパーが流れず詰まるからそこに捨てるようにおいてあるらしい。
ちなみに俺は水圧が弱かろうが何だろうが使用済みのトイレットペーパーは韓国にいる間はどこでもずっと便器に突っ込んで無理やり流していた。
勿論流れないケースが多かったが。

でも使用済みをゴミ箱に捨てる事には日本から来ている人なら誰でも躊躇すると思うよ。片付ける人は嫌だろうしなー。


そんなこんなで朝からクタクタになり、震えながら自分の部屋へと戻る。




そしてすぐにノックの音が・・
しかもノックして間髪入れず下宿のおばさんが戸を開けた。

おい、俺はまだパンツ一丁だよっ・・・!
ってゆーか、普通は、

  ノック
   ↓
  どちら様?
   ↓
  ○○です。
   ↓
  どうぞ入って下さい。

これが一連の礼儀だろう・・・?
ノックと同時に戸を開けたら、ノックの意味ないっちゅーねん。でもパンツはいててよかったー!



おばさんは、「シクサ、シクサ(食事の意味)」と言いながらご飯を食べるジェスチャー・・・
そんな仕草のおばさんが何かものすごーく可愛く見える(笑)しかし早く俺が韓国語を覚えないと、おばさんも疲れるだろうなーと思いつつ食堂へ。

朝食は、チョグと呼ばれる魚を焼いたものと、キムチ、定番の韓国海苔、ワカメのスープ(だしは牛肉でとってあった。全く味がなく、まず・・・)。



昨日の夕食時と同じくぺクさんが俺の横に座り、昨日の夕食時と同じくすぐに食べだす・・・。



俺は昨日の夜に辞書で調べた『いただきます』の韓国語の

「チャル モッケスムニダ」

と言い(ちょっと照れくさかったが・・)箸を持った。おばさんが

「オー!コンブヘッソ?(勉強したのか?)」

って何回もニコニコ顔で聞いてくる。
もちろんそのときには『勉強したのか?』という意味がわからない俺は、『昆布のヘソ?昆布にヘソなんてあるんかいな』と思いつつ、愛想笑いでごまかした。


飯は相変わらず美味い(わかめスープは・・・まず)。ぺクさんは朝からお代わりをしていた。


特に会話もなく、『さあて、学校が始まるまでどう過ごすかだなー』と考えながら飯を食い終え、部屋に戻った。



おまけ

 チョグ:
日本ではイシモチであるが、韓国のイシモチは小ぶりでめっちゃ旨い!


 わかめスープ:
普通はアサリなどでだしをとり、とてもおいしいスープです。韓国では産後の女性に必ず飲ませるほか、日常的にもよく飲まれるほんとに美味しいスープです。
ちなみに、うちの下宿のおばさんのは醤油は薄いし、牛肉のダシは臭いし。よく下宿生同士で、『理科の実験の臭いみたいだ・・・』と言ってました。3階までその臭いが上がってくると、『今日もまた恐怖のわかめスープだ!』と思い気が滅入ってました。
重ねて申し上げますが、普通はホントに美味しいスープです。
posted by ジョンホ at 12:01| Comment(5) | TrackBack(0) | 留学生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そのとおり、韓国って水圧低いですよね〜、私の下宿なんて水しか出ませんでした。真冬でもです。寒中水泳みたい。でも不思議と風邪はひきませんでしたよ。鍛えられたのかな〜
Posted by at 2006年04月14日 15:35
やっとおじゃまします〜^^*
韓国初めて行ったとき、寝るとき全然寝れませんでした〜やっぱり緊張しますね
ずっと日本の携帯いじってました(笑
寝起きは節々痛くなりますよね。自分の寝相が悪いと思ってたのですが、やっぱりベッドのせいだったんですね(‐∀‐;)
Posted by nekoster* at 2006年04月14日 18:23
nekosterさん、こんにちは!
枕がかわると・・・とか言いますよねー。
でも、韓国とか海外は空気がかわると・・・って感じですね。何故か緊張・・です。
Posted by ジョンホ at 2006年04月15日 10:17
オンドルパンはホントに暖かい!部屋の中では真冬でも半袖でオッケーですもんね!
Posted by 江戸っ娘 at 2006年04月15日 20:22
うちの下宿も全く同じです(^^;)慣れましたけど…
Posted by KIMIE at 2006年04月18日 15:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。