2006年04月25日

第14章 デートの約束

夕食を食べ、部屋に戻ったが、本当にする事がない。なんとなく、部屋を見渡してみる。

何て殺風景な部屋か・・・。
それに音がないのがこんなに苦痛とは思いもしなかった。ラジオでもあれば気も紛れるのだろうが・・・。
よし、明日ラジオかCDプレーヤーを買いに行こう(この時期はまだ、MDとかがなかったので)。

部屋にいるとホントに気が滅入るので、中2階に下りてみる。
中2階はリビングのようにもなっていて、応接セットのようなソファーとなぜかグランドピアノがある。そしてその奥がペクさんの部屋だ。

俺は、ソファーに座り、ラックの中の雑誌を手に取った。
韓国のファッション雑誌である。全く興味がないが、ペラペラとめくって眺める・・・。

しばらくするとペクさんの部屋の戸が開き、ペクさんが出てきた。


「ジョンホ、何しとんねん?」

「はあ、あまりに退屈ですし・・・。かと言ってさっき昼寝してしまって眠くないしで・・・。」


ペクさんは俺の横に座り、

「なあ、ジョンホ、お前 何で韓国語を勉強しようと思うたんや?」
唐突な質問だ。

「実は、別に勉強をしようとは思わなかったんだけど・・・。
何となく何か一生のうちで自分を試したいと思ったし、祖国語の韓国語くらいは話せないといかんと思ったし・・・。
まあ、きっかけは、友達からの『一緒に韓国留学に行こう』という言葉でしたよ。でもその友達は来れんかった・・・。いろいろ事情があってね。」

「そうかぁ、韓国語を勉強しようと思ったンや・・・」

「ところで、ペクさんは、なぜ留学に来たんっすか?」

「わしかー、わしは、あれや!」


『あれ』って何だよ!・・・何かおっさんとか、年寄り連中は『あれ』とか『それ』とかが多いわ。
でも、ペクさんは20代だが。考え方は・・・やはり既におっさんか?



「ペクさん、『あれ』って何ですか?」

「『あれ』言うたら、釜山で日本語学校作るためや!」


俺の頭の中は???が渦巻いた。


「日本語学校?釜山で?・・・日本語学校なら別にペクさんが韓国語勉強しなくても、今から作れますがな・・・金さえあれば・・・ですけど。」

「あほ、わしは、校長先生になるんやで。韓国に住んで、学校の校長先生やるのに韓国語しゃべれませんでは格好悪いやろ・・・だから習んや。」


俺は、何かわかったようなわからんような気持ちで、

「まあ、お互い頑張りましょう。」と答えた。



そして俺は、

「ペクさん、明日ラジオかCDプレーヤーを買いに行こうと思ってますが、ご一緒しません?何せ、音のない部屋にいると息が詰まるし、退屈で仕方ないので・・・。」
と言ったところ、ペクさんは、また『面倒だ』とか言って断ってくるかと思いきや、

「ええよ、シンチョンに百貨店あるやろ、そこ行こ。」
と言った。


そう言えば、シンチョンロータリーのところに百貨店があった気がした。



「じゃあ、明日朝飯食って、10時に行きましょう」と答え、俺は部屋に戻った。



俺は、シャワーをして布団に入ったが、その日はなかなか寝付けなかったので、頭の中でひつじを数えた・・・。

しかし、俺は頭の中でひつじを数えるのが苦手だ。必ずひつじの他に、象だとか馬とか違う動物が現れる・・・。
結果、何を数えていいのかわからなくなる・・・。でもそれで疲れて寝るのだからいいのかも・・・。





posted by ジョンホ at 10:22| Comment(5) | TrackBack(0) | 留学生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それで日本語学校は作ったのですか?
Seoulに日本語学院多いですよ♪
Posted by yui at 2006年04月26日 09:47
追伸です。
私は、Seoulで日本語教師を目指しています♪
Posted by yui at 2006年04月26日 09:49
ええ?で、学校はどうなったのですか?ペクさんの行方が気になります…今後のお楽しみ?? 私も部屋に音はありません なので夜は散歩したりなるべくこもらないようにしてます さっき学校の文房具屋でCDデッキ安かったので今、買おうか悩んでます…ちなみに9000Wでした
Posted by KIMIE at 2006年04月26日 14:44
学校は今後の展開をお楽しみに!
ただいま、ぺくさん他いろいろな写真を掲載する準備中です。承諾を得てますよ。
KIMIEちゃんへ
9,000ウォン?安い!大丈夫なのかな?ちゃんと音が出るかチェックして買いましょう!
Posted by ジョンホ at 2006年04月27日 10:43
yuiちゃんへ
その後、韓国人の彼氏とは順調ですか?
日本に戻ったら連絡してね!
Posted by ジョンホ at 2006年04月27日 10:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。