2006年05月11日

第20章 延世大学語学堂、初登校の朝!

下宿生活にもかなり慣れてきて、初登校の朝を迎えた。

いつものように朝食をとるため食堂へ向かった。
さずがに全下宿生が揃うと食卓が狭い。でも全員日本語で会話が出来るので気持ちは楽であった。・・・おばさんはつらそうだったが・・・。

でもいつもの朝とは違い、今日から学校ということで全員が何かバタバタしていた。


みんな大人なのだが、この日は小学校以来久々の集団登校?を・・・。5人で仲良く語学堂まで歩いて行った。
8時半、語学堂に着き9時からの始業まで地下の休憩所(喫煙所・自動販売機等あった)に向かう・・・。一休みである(まだ何もしていないのに・・・)。

休憩所はすごい人数の人がたむろっていた・・・。人種もバラバラである。白・黒・黄色・茶色・・・(ウイロウじゃないけど・・・この意味、名古屋人なら分かると思うが・・)
どこの国の人間だか一見では分からない・・・。言葉もバラバラである。



でも、時間が経つにつれ、日本人は日本人、ヨーロッパ系はヨーロッパ系で、アメリカ系、東南アジア系・・・と、何か自然と分かれて固まるようになっていた・・・。これは面白い現象だ・・・。



始業10分前、俺は中尾氏とともに1級3班の教室へと向かった。



教室に入ると、木製の机が・・・、ちなみに机と椅子が引っ付いている・・・。古っ・・・!

席は自由に座っていいみたいだ。俺はここでもすぐに脱出できるように(なんでやねん!)出入口から一番近い席に座った。あとから次々と同窓生?が入ってくる。

みんな初対面だが、「アンニョンハセヨ・・」と挨拶をして入ってくる・・・。俺も何か照れくさかったが、「アンニョンハセヨ」と答えていた。

1級3班は俺と中尾氏を含め、8名で構成されていた。
日本から来たメンバー4名とその他の国の方4名だ。

日本から来たメンバーは、
中尾氏のほかに、
今村さん(日本の商社マンのご主人を持つ主婦。ご主人がソウル勤務のためソウルに在住することとなたらしい)、
渡辺さん(通称・アイミさん。本名は愛美(なまみ)、ご主人がソウル在住の韓国人で、噂では合同結婚式でご結婚されたらしい。すごく綺麗な奥さんで、優しい人です。静岡県の富士川町(現在は市)出身)。



あとは、インドネシア出身でインドネシアで小学校教諭をやっているという、カレークック氏・・・。
ゴメンナサイ、本名が長くて難しくて忘れてしまった。あだ名がカレークック、インドネシアというだけでこのあだ名を付けられた。
ちなみに、名付け親は俺。本人は、あまり気に入っていなかったようだ。

何日かあとの授業の前の朝に、トイレでこのカレークックとあった時、
「オー、カレーっクック、アンニョンハセヨ!」
といったところ、韓国語で
「ナヌン、カレークックガ アニヤ、クロッケ プルジマ!(俺はカレークックじゃない、そんなふうに呼ぶな!)」
と凄い形相で言われたから・・・。

でも、俺は日本に帰国するまですっと彼をカレークックと呼び続けていた。・・・本人は最後の方では諦めて、俺がカレークックと呼ぶと「イエー」(はい)と答えていた。



それからドイツ人が2人。
一人は、リ スヒョン、彼は在ドイツ韓国人である。
顔は完全に東洋人なのだが、ドイツ語しか話せなかった。ちなみに、軍人になるのが夢だと語っていた。

もう一人のドイツ人は本名は分からないが、ノ テスという韓国名で呼ばれていた。
本当のドイツ人である。そして宣教師でもあった。のちに彼とはとても親しくなり、よく新村のホープ(室内のビアガーデンみたいな飲み屋。韓国ではポピュラーな飲み屋である。)によく一緒に行くようになった。
宣教師なのに煙草はよくすうし、酒豪だし、チキンが大好き、女も大好きで・・・よくわからん人物だ。



あと一人・・・思い出せない・・・。多分、オーストラリアの男性がいたような・・・ 。確か20歳くらいで・・・。でも彼はよく休んでいて1級終了後帰国してしまったような記憶が・・・。名前も覚えていません・・・ 、存在感のない生徒だった・・・。ゴメンナサイ。



先生は女性で、名前はキム先生
眼鏡をかけた真面目な先生であった。独身で、延世大学の卒業生(語学堂の先生は延世大卒が多い)で、日本語は全く話せない。



この日は、簡単な自己紹介と教材を渡されて終わった。
posted by ジョンホ at 15:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 留学生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の学校も机と椅子くっついてます…いまだに慣れないです… 確かに同じ国同士かたまりますね…(^^) 今の私のクラスは日本人・中国人ですがとても仲良しです! 
Posted by KIMIE at 2006年05月12日 14:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。