2006年05月17日

第23章 ポジャンマチャ(屋台)

本当にソウルに来て酒が強くなった・・・。だって飲む機会が多いし、飲むくらいしかやる事がない・・・。何か理由をつけて飲み歩いていた。

1級レベルの韓国語ではあまり冒険が出来ないので、夜は新村か梨花女子大付近で飲んでいた。
先述のドイツ人コンビとはやっぱり割り勘負けをするので、日本人や在日韓国人の友人と飲み歩くようになる。

しかし、留学生の身分でそんなに毎日飲み歩いてお金が続く訳もない。

従って、どうしても屋台とかになってしまう。

俺はクラスは違うが同じ1級で同い年の田立君(通称:ゲンジ君・日本人・岐阜県出身)と仲良くなっていて一時彼とよく飲み歩いていた。

俺達は新村の路地裏にある屋台によく通っていた。そこには屋台が5軒程度あったが、一番すみっこ屋台(俺はどうしても端とかすみっことかが好き)に田立君と初めて入った時の話。



俺たち2人とも語学堂1級であるため、はたして韓国語が上手に伝わるかめちゃめちゃ緊張状態だった。意味なく二人でその屋台の前をうろうろ・・・。


俺が「田立、お前が先に入れよ!」

田立「嫌だよ、ジョンホから入れよ!」



こんなしょうもない低次元の押し問答を10分位繰り返していたら、中から何とも優しそうなアジュマ(おばさん)が顔を出し、

「何してる、入りなさい」と。

俺たちは???

・・・このアジュマ日本語しゃべった・・・!な、なんで?
俺たち2人は吸い込まれるように中に入って長椅子に腰掛けた。

「メ、メッチュ(ビール)ジュセヨ(ビール下さい)」

アジュマが
「ビールか、待ってて」
と答えた。

俺ら2人顔をも合わせ、
「日本語喋ってるよな、あのアジュマ・・・何で?」

俺はアジュマに日本語で、
「アジュマ、何で日本語話せるの?」と聞いてみた。

するとアジュマが
、「私、昔九州にいた。だから少し分かる。あんた達どこから来た?」

俺と田立君が同時に、
俺「名古屋!」田立「岐阜!」・・・と。

アジュマが
「そんな一緒に言ったら分からんわ・・」


「おい、田立、同時に言うなよ!お前は黙っとれ!ホント日本語が通じると思って・・・」

「アジュマ、俺は名古屋から来ました。名古屋を知っていますか?」
と聞いてみた。

「ナコヤ、ナコヤ・・・知らん」

「アジュマ、ナコヤじゃなく、ナゴヤです。コじゃなくゴですよ!」

韓国人はこの濁点のあるなしが難しいらしい。

「クレ、ナコヤ・・・分からん」
また、コって言ってる・・・。でもどうせ知らんのだからいいや!

俺は
「九州のどこにいたの?」

アジュマが
「福岡、中洲・・・博多・・メンタイコ・・・フグ・・・」

おいおい知ってる限りの福岡名物を言い出したぞ〜!

「へえ〜、いつ韓国に帰って来たんですか?」

「ん〜と、イジョボリョッソ!(忘れた!)」

おいおいアジュマ、もう面倒くさくなったんかいっ!



でも、このポジャンマチャのアジュマの人柄で、俺はこのポジャンマチャがタンゴルチプ(馴染みの店)となった。

メニューは別に大したものはなく、おでん、インスタントラーメン、貝類(大アサリ・ミル貝等)、キンパ(のり巻き)、スンデ(腸詰め)等々・・・。
ごく一般的なポジャンマチャメニューだが、この気さくなアジュマという調味料のおかげで1級のポジャンマチャであった。うまいっ!
posted by ジョンホ at 11:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 留学生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も最近行きますよ(^^) 恵化駅の前にたまにいますよ… 冬場は最高ですよね(^^)
Posted by KIMIE at 2006年05月17日 14:19
KIMIEちゃんへ
冬場は最高ですが、かなり寒いですよね。
Posted by ジョンホ at 2006年05月18日 15:01
メッチュで調べたら僕のブログのほかにもうひとつあったので来てみました。どうぞヨロシク。
Posted by メッチュマン at 2006年05月19日 02:30
メッチュマンさん
こちらこそよろしく!
Posted by ジョンホ at 2006年05月19日 12:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。