2006年05月18日

第24章 大事件勃発!

延世大学は宿題が多い。

毎日毎日、宿題だらけ。相変わらずペクさんはよく寝る人で、学校から帰ると直に布団に入ってまた寝てる。

夜になると俺の部屋に来て、
「なあ、ジョンホ、俺の宿題もやっといてくれへんかぁ〜、頼むわ。」
と言って宿題を置いていく。

俺が、
「ペクさん、宿題って自分でやらなきゃ意味がないし、やりたくなければ、やらんでいいんじゃないんすか?宿題って自分のためにするんですよ。」
と忠告すると、

「やらんと先生に怒られるから・・・。やっとてくれや!頼むわ。」


という具合にいつも俺はペクさんの宿題までやっていた。毎日である。
俺はこのダブル宿題を毎日こなしていたので、韓国語をマスターするスピードが増したのかも知れないと、最近思う。ペクさんに感謝しなきゃ。



そんなペクさんに大事件が勃発!
ある日、授業が終わってハクセンシクタン(学生食堂)で中尾氏、ゲンジ(田立君)と飯を食って、中尾氏は会社に行くとのことで別れ、ゲンジと一緒に俺の下宿に向かった。
(ゲンジの下宿は新村洞にあって、俺の下宿から徒歩15分程度の場所。1ヶ月の下宿代がなんと15万ウォンと破格だった。その面白過ぎるからくりは後述する。)



俺とゲンジは、俺の下宿に着いた。ゲンジをペクさんに紹介するため、ペクさんの部屋へ向かった。

コンコン、
「ペクさん、ジョンホやけど、います?」

「お〜、いるで、ちょ、ちょっと待ってて・・・」

何か声が焦っている。俺はお構いなしに、おもいっきり戸を開けた。
ペクさんが慌てて引っくり返りながらズボンをはいてる・・・。

「何してますの?ペクさん・・・?」

「いや、あの、あのな、何か・・・、変なんや・・・。」

とペクさん。俺が、
「変って何がですねん・・・。」
と聞いたところ、

「あ、あそこが痒いんや!・・・何か痒くて・・・。なあ、ジョンホ一緒に病院行ってくれへんか?」

「びょ、病院って、どこに・・・?」

「あかん、痒ーって、昨日も寝てへんのや。」

俺は、『おっさん、昼間もよう寝てるくせに・・・』と思いながら、
「下宿のアジュマ(おばさん)にどうすればいいか聞いてくる。」

部屋を出ようとしたら、ペクさんが、
「あかん、お前、わかってんのか?男の一番大事なとこやで。恥ずかしいやないかい。」

俺が、
「ほな、ペクさん、どうすればいいって言うんですか?どこの病院に行けばいいのかも分からんのに・・・。大体ペクさん、変なとこに遊びに行ったんと違いまっか?変な病気じゃないでっか?」
と言ったところ、

「あほ、変なとこもどこも行ってーへんわ、いたって清純や。」

『清純?このおっさん清純の意味わかっとらんな・・・』
まあ、とにかくペクさんの制止を無視して俺はアジュマのところに行って


「アジュマ、ペクさん、ヨギ(自分の股間を指差しながら)アップダラゴ ハムニダ(おばさん、ペクさんここが痛いって言います)。」
と、知ってる限りの韓国語で伝えた。

するとアジュマは、
「エ?オディ?オディガ アップダゴ?(え?どこ?どこが痛いって?)」



『何回も言わせるなよ・・・』俺はそう思いながら、自分の股間を指差し、
「ヨギヨ・・・。」

本当はアップダ(痛い)じゃなくカリョプタ又はカンジロプタ(痒い時の表現)で伝えたかったが、なんせこのときは1級だったので・・・。

アジュマは一瞬間を置いて・・・・大笑い・・そして・・・大笑い・・・。

俺は、
「オディロ カミョン・・・(どこに行けば・・・)。」
と言ったところアジュマは笑いながら、

「ビョ、ビョンウォンヌロ カヤジ・・・・(びょ、病院に行かないけないだろ・・・)。」
と・・・。

『だからどこの病院かって・・・』
するとアジュマが紙と鉛筆を持って来て、何やら書き始めた・・・。
地図と病院名のようだ。

韓国語で『皮膚科、泌尿器科・・・』と書いてあった。これはその時辞書で調べて、アジュマが、
「イゴ、イゴ」
とか言ったので分かった単語だ。こうして韓国語も多く覚えていくんだなあ・・・としみじみ思った。

「アジュマ、コマップスムンダ(おばさん、ありがとう)。」
と俺は言ってペクさんの部屋へ向かった。
後ろの方でアジュマの笑い声がまだ聞こえていたが・・・。


俺は、
「ペクさん、行くぜ、ここの近くだから歩いていけるよ。」

ペクさんが、
「どこに行くんや・・・。」
だと。俺は、

「あんたのあそこの病院やないか!」と答え、玄関に向かった。

韓国での初めての病院が泌尿器科とは・・・。
複雑なおもいで、全然関係のないゲンジとともに3人で病院へ向かった。
posted by ジョンホ at 13:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 留学生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
病院困りますよねー 実は私は12月に来てすぐ「寒冷蕁麻疹」になり体中真っ赤に…全く話せなかったのでどうしてよいのかわからず、携帯で写真を撮り、病院に勤めている友達に送り、特急便で薬を送ってもらいましたよ(^^)
Posted by KIMIE at 2006年05月19日 14:34
KIMIEさん
そうなんですか・・
私は、とりあえず薬局ですませてます。
日本語のわかる薬局で。南大門まで行かなければいけないのですが。
Posted by yui at 2006年05月19日 16:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。