2006年06月07日

第36章 チュンヒ到着

大韓航空機で友達のチュンヒ(男性)がソウルに到着した。

予定時刻より30分遅れで、空港でかれこれ1時間以上待ちぼうけだ。

可愛い女の子を待っているのなら苦にならないが、むさくるしい男だからすごく長い時間に思えた。
まして、このチュンヒも
元力士(ペリーのお父さんと同じで序二段で廃業)だから体もデカイ、185cmを超える大男だ!


到着ゲートからチュンヒの姿が見えた。辺りをキョロキョロ・・・。俺を探している・・・。

「チュンヒ、こっち、こっち。」
と俺は人垣の後ろの方から声をあげた。

すぐにチュンヒは気付き、こちらへ来る。

チュンヒ(以下 チ )「久しぶり、ジョンホ!」

俺 「久しぶりだね、チュンヒ。」

チ 「何か、近いけど疲れた・・・。早くホテルに行こう!」

俺 「両替した?」

チ 「とりあえず、10万円両替したけど足りるかなぁ?」

俺 「2泊3日なら十分だよ。」

というような会話を交わしながら、俺たちはバス乗り場に向かって歩いて行ったのだが、途中でチュンヒが、
「えー!タクシーじゃないの?」
と言う。

俺は、
「市内までだと高いよ、高速バスで行こう。」
と言ったのだが、どうしてもタクシーがいいというので仕方なくタクシーで行く事にした。 『できるだけ安く』と言っていたのに。


結局、タクシーの料金はバスの3〜4倍かかってしまった。勿論、チュンヒが支払った。
posted by ジョンホ at 09:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 留学生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タクシー高い…(^^;)
Posted by KIMIE at 2006年06月12日 21:33
現地で実際生活している人の意見です!
そう、生活していたらタクシーは高いって思ってました。最近またタクシー料金が上がったんですよねー。
Posted by ジョンホ at 2006年06月13日 09:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。