2006年06月07日

第37章 ホテルに到着し・・・

タクシーに乗り、運転手に、
「シチョンアッペ、ニューソウルホテル。(市庁前 ニューソウルホテル)」
と伝えた。

タクシーの中で、たわいもないソウル生活の話をしながら、タクシーはソウル市内へと入っていった。

チュンヒが、
「ソウルってすげー都会じゃん!想像してたよりはるかに街だよ!名古屋より都会じゃない?」
俺は、
「そりゃそうだよ、一国の首都だからね。」
と答えた。


若干の渋滞はあったが、ニューソウルホテルに到着。
料金はバスの3〜4倍かかってしまった。チュンヒは『意外と安い』とか言いながら支払った。



ニューソウルホテルは市庁のそばにあり、ニュー国際ホテルと隣接している中堅のホテルだ。まあ、ビジネスホテルって感じだが・・・。

中に入ると、フロントも大きくなくて、何か暗い感じがする。
とにかくフロントで予約の確認をして、チェックイン!部屋に向かう。



部屋は5階であったが、部屋に入って・・・!







ま、窓がない!
なんだここ・・・?布団部屋かぁ・・・?
ベット、テレビ、冷蔵庫、ユニットバス・・・、一通りの設備にはなっているが窓がない!
だから部屋が暗い。圧迫感が・・・。


チュンヒと俺は、愕然とした。

俺はフロントに行き、『窓がないから圧迫感がある。部屋を変えて欲しい』旨を伝えた。


フロントでさんざん待たされて出された回答は驚くべきものだった。
posted by ジョンホ at 11:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 留学生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニューソウルとニュー国際って番地が同じって知ってます?面白いですよ。
Posted by yui at 2006年06月08日 13:18
窓無し…きついですね… 現役時代何度か窓無し部屋で寝ましたが…息苦しいですよね〜(^^;)
Posted by KIMIE at 2006年06月12日 21:30
あり得ないですよ。
Posted by ジョンホ at 2006年06月13日 09:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。