2006年06月09日

第39章 明洞から、南山タワーへ

今、思いかえしても本当に笑っちゃうんだけど、ソウル市内を観光させるって難しいよね。

まして俺は、チュンヒという大男に2泊3日の韓国旅行を満足させてあげなけりゃいけないという使命があったし・・・。


とりあえず、明洞をぶ〜らぶら!

女の子なら、ファッション的に服だとかアクセサリー、鞄、靴を見て回って楽しいのだろうが、いかんせ男同士だから興味がない!
ただ歩く・・・。チュンヒはそれでも初めての韓国なので、文句も言わず黙って歩いてついてくる。
別に店に入るでもなく、結局、明洞1周しちゃったよ!



俺は歩きながら心の中、『どこに連れて行こう、どこがいんだろう・・・。』と必死に考えていた。


見えたのは、南山タワー・・・。定番だが、・・・一応行っとくか!

「チュンヒ、南山タワーに上ろう!」
と俺が言った。

チュンヒは、
「分からないから、どこでもいいよ。」
と答える・・・。

この『どこでもいいよ』っていう、他力本願な答えが嫌だよね〜・・・。



南山タワーまではとりあえずケーブルカーの入口までいかなけりゃいけない。当然歩いていけないんで、タクシーだ!

タクシーでケーブルカー乗り場まで。
そして、そこから南山の上までだ。

ケーブルカー乗り場は意外と混んでいた。
乗り場の駐車場の所に、オジンオ(イカのやわらかいスルメ、これがめちゃめちゃ美味い!このソフトスルメは、その場でプレス機械で作ってくれるから絶品である。みなさんも是非食べてみて!明洞の屋台みたいなリヤカーでも売ってるよ。)が売っていたから2つ買った。

チュンヒが、
「これ、美味いよ!日本でも売れば絶対商売になるよ。」
と言う。
『・・・日本のどこで売るんだよ・・・。』と俺は思い、無視!



列は、階段の下の方まで並んでいる・・・。『時間掛かりそうだな・・・』と俺は思ったが、進み始めると意外と早かった。

チケット売り場で、
「オルニ ワンボク 2ジャン(大人往復2枚)。」
と言い、チケットを購入。


ケーブルカーからはソウル市内が一望できる。気分も爽快だ。

「山が多いね。」
とチュンヒが言う。言われてみたらそうだ、ソウルは山に囲まれている。


すぐに頂上に着き、残りは階段。
これが意外にキツイ!段の1段1段が高くて、疲れる・・・。

2人で、
「はあ〜シンドー。」
と言いながらも上にたどり着いた。


季節が初夏でもあり、気持ちがいい。でも男二人だから・・・複雑。


とりあえず、記念写真(チュンヒが使い捨てカメラを持って来ていた)。
男二人のツーショットは勘弁して欲しいから、チュンヒの単独写真を撮りまくってあげた。


せっかくだからタワーにも上る。
展望台からの眺めはサイコーであった。江南地区、江北地区、北朝鮮方向、童心にかえって二人ではしゃいだ!

そして漢江に浮かぶ遊覧船が・・・。チュンヒが、
「ジョンホ、遊覧船に乗ろうぜ!」
と言い始めた・・・。


えーっ、男二人で遊覧船かよっ!勘弁してよーって思ったが、かといって他にいくあてもないので、
「よし、行こう!」
と俺はいい、ケーブルカーで南山を下り、先ほどの駐車場からタクシーを拾って、
「ヨイド、ユーランソンタヌンデ。(汝矣島、遊覧船乗り場)」
と伝え、いざ、漢江下りへ・・・・ロマンチックじゃねエー!
posted by ジョンホ at 12:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 留学生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
南山タワーは何度行っても良い所ですよね(^^)
Posted by KIMIE at 2006年06月12日 21:26
行きも帰りもケーブルカーでなく、歩きで登って降りてきたことがあります・・・登りの途中で吐きそうになりました(^^)
Posted by ジョンホ at 2006年06月13日 09:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。