2006年05月29日

第31章 ダイナミックお母ちゃん

語学留学生っていうのは学校の授業がない日は本当に暇である。

自分の国に帰らない留学生は暇を持て余す。

俺もそんな一人であった。1級終了程度では、なかなか使ってくれるバイト先はないし、下宿に一日いても窮屈であるしで・・・。

とにかく街中に出る。目的はないが同じ暇人同士誘い合って街中に出るのである。

そんなパンハク1週間目にして

続きを読む
posted by ジョンホ at 12:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 留学生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

ペリー

今回の主人公は・・・ペリーである。

ペリーは先述した通り、185センチで100kgの大男である。
ちなみに彼のお父さんは元力士(序二段)であり、自宅玄関にまわしが飾ってある。地元のちびっ子相撲を指導している市役所勤務の公務員さんである。

そんな家庭の彼は、普段は優しくて、おとなしくて、素直でいい子なんだが、酒が入るとまるで別人になる。

続きを読む
posted by ジョンホ at 09:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 留学生活 外伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

第30章 パンハクの過ごし方

1級のパンハク、俺が行動を共にするメンバーが揃った。

まず、ペクさんひとみちゃんゲンジペリーヨシノリ、そして
続きを読む
posted by ジョンホ at 18:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 留学生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第29章 快適な生活空間とは・・・

学期と学期の間の休みの事を韓国語で放学(パンハク)という。

日本語の春休み・夏休み・冬休みを、韓国語では、ボムパンハク(春休み)、ヨルムパンハク(夏休み)、キョウルパンハク(冬休み)という。


このパンハクの過ごし方は人それぞれ。
ソウルにとどまり遊び歩く人、一旦自分の国に帰る人、バイトに勤しむ人、韓国国内を旅行する人・・・。

続きを読む
posted by ジョンホ at 10:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 留学生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第28章 スポーツ熱

もうすぐ2006年ドイツワールドカップの開催である。

韓国のサッカー熱は半端じゃない。
職場、食堂、飲み屋、街頭・・・、韓国戦の日は至る所でテレビ観戦だ。喜怒哀楽表現の豊かな韓国人はどこでも大声で応援!歓声、罵声、雄叫びをあげる!

サッカーそのものを見ているより、サッカーを観戦している韓国人を見ていた方が面白かったりもする。

最近、日本でも同じ現象が見られるが、やはり韓国には勝てない(応援が)だろう・・・。



サッカーも凄いが、野球もなかなかである。

続きを読む
posted by ジョンホ at 09:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 留学生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

第27章 豚の話

韓国では豚は縁起物という感覚がある。

もう一つ面白いのが、干支、十二支である。日本では、子、丑、寅、卯・・・といき、亥(いのしし)であるが、韓国ではいのししはなく、豚である。従って『豚年』という。

「ねえ、ねえ、あんた干支何?」
って聞かれ、

「私、ブタ・・・。」
って答えるのは人によって抵抗があるかもね!
続きを読む
posted by ジョンホ at 10:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 留学生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

生の韓国語を覚えるには

韓国語を早くマスターする方法っていろいろあるけど、俺はよく南大門市場に出掛けた。

俺は一人で行く事が多かった。学校の授業が13時に終わり、ハクセンシクタン(学生食堂)で友達達とランチしたあとに、地下鉄でフラリと出掛けたもんだ。


なぜ、南大門市場か・・・、と言うと、別にショッピングに行くのではなく、店の人と客とのやり取りを見に行くのである。云わば、商取引のかけ引きを・・・。
これは面白いし、韓国語の勉強にもなる。俺は学校で教えてくれない生の韓国語は南大門市場で覚えた。
友達と一緒に行くと、自分のペースで見れないし、ついつい日本語を話してしまうので行くなら一人をお勧めする。


日本語で話しかけてくる客引きが、ややうっとしいが・・・、罵声、若干の悪い言葉(学校では絶対に教えてくれないので)はみんな南大門市場で覚えた俺でした。
posted by ジョンホ at 10:57| Comment(5) | TrackBack(1) | 覚えておこう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

友達が韓国語上達の早道

やっぱり、実際に会話をして覚えていこう。
早めに現地の友人を作り、韓国語だけの会話をするということが望ましい。

できたら、異性の方が楽しいし、それが好みの異性ならなおさら、韓国語の勉強に熱が入ると思う。

が、最初はなかなか困難だと思う。
俺が現地の友人を持ったのは2級の終わりくらいであった。


もちろん、俺も異性・同性の韓国人の友人を多く作った。3級の頃には日本人より韓国人の友人の方が多かったくらいである。


ここで秘密をばらすと、その友人の内の一人が今の俺の奥さんである。出会いの詳細は後述する。
posted by ジョンホ at 10:53| Comment(4) | TrackBack(1) | 覚えておこう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第26章 1級から2級へ

どこの学校も同じだと思うが、語学堂の試験は、読み・聞き取り・話・書き(イルキ・トゥッキ・マラギ・スギ)の4教科で100点満点で点数をつける。

成績表はA,B,C・・・である。
もちろん点数と評価の低い者は落第でもう一度同じ級をやらなければならない。
逆に高い者は飛び級制度もあり、例えば1級の次は2級だが、試験を受け、合格すれば1級から2級をとばして3級に上がることも出来る。

また、成績順に班を分けられ、こちらも数字の大きい班がレベルが高いとされる。

出席日数、遅刻、早退も成績の対象となる。

続きを読む
posted by ジョンホ at 10:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 留学生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

第25章 ペクさんのおかげ 新しい言葉を覚えた

3人で下宿のアジュマに教えられた泌尿器科に歩いて向かった。


下宿の門を出て右方向にずっと坂を下って行く。すると大通りにでる。病院はこの大通り沿いにある。こちら方面は来た事がなかった。
病院まで、歩いて15分程の距離であった。方向から言うと城山洞(ソンサンドン)方面だ。
アジュマが書いた地図を見ながら看板を見て歩いた。


パクイルナム泌尿器科・・・あった!

古びた建物の2階にその医院はあった。

続きを読む
posted by ジョンホ at 09:40| Comment(8) | TrackBack(0) | 留学生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。