2006年04月20日

第10章 ジョンホ君の大冒険 その五

俺がソウルに到着したのは、年の瀬、12月もあと残りわずかという時期。
とうにクリスマスが終わっているにもかかわらず、まだあっちこっちでクリスマスツリーが出ている。

ルーズなのかと思いきや、年明け、旧正月近くまでは出している慣習らしい。これも日本とは大違いだ。

ちなみに、韓国は新暦より旧暦重視の国である。



あてもなく、一通り明洞を散策!昼時間になったので昼食をと思い、食堂を探す。
食堂はやたらと多いが、どこに入ればいいのか・・・?寒いのでチゲ(鍋)系が食べたいのだが、
続きを読む
posted by ジョンホ at 14:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 留学生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第9章 ジョンホ君の大冒険 その四

明洞の中心(どこが中心か分からないが・・・(笑))、とにかく、中へ中へ、動物的勘を頼りに、中心と思われる方向へ進んでいった。

明洞衣類、明洞トンカツ(現在はなくなっていてスタバになっている。)がある。るるぶで見たとおりだ!

その隣にカタカナで「ラーメソ」ののぼりが「らーめそ」・・・???
続きを読む
posted by ジョンホ at 13:59| Comment(6) | TrackBack(1) | 留学生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

第8章 ジョンホ君の大冒険 その参

目的地、明洞に向けて、大きな一歩を踏み出した俺。
2号線に乗り込み、すっかり韓国人に溶け込んでいたら、ふと、妙な音楽が・・・。

小汚いおばあさんが音楽テープを鳴らしながら籠をもって車両から車両へ移動・・・。

車内はかなり混んでいるのに・・・。何だこのおばあさんは・・・?


続きを読む
posted by ジョンホ at 13:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 留学生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第7章 ジョンホ君の大冒険 その弐

新村駅の地下鉄の入口の階段を下り、とりあえず明洞までの切符を買わねば。

そして地下鉄路線図を見る。

ゲーッ!なんじゃこりゃ!めちゃくちゃいっぱい駅があるやんか・・・路線も多いし・・・

続きを読む
posted by ジョンホ at 12:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 留学生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

第6章 ジョンホ君の大冒険 その壱

延世大学語学堂の授業は1年4学期制で俺が入学した学期はその冬学期。1月9日が入学式だ。
で、今日はまだ12月27日、年の瀬である。

下宿で朝食をとって、部屋に戻ったはいいがやることがない。本来なら少しでも韓国語の勉強をすべきなんだろうが、どうもその気にならない。外に行こうにも下手に動いて迷子になったらどうしようとかいう小心者の気持ちが俺の体全体を支配していて動く事も出来ず、
完全に引きこもりっ子状態・・・(泣)

続きを読む
posted by ジョンホ at 14:52| Comment(7) | TrackBack(0) | 留学生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

第5章 初めての朝

韓国留学生活2日目、下宿で初めて迎える朝である。

お世辞でも爽やかと言える朝ではなかった。


寝心地最悪!
やはり掛け布団だけではなぁ・・・。オンドルの床は硬いので体のあっちこっち痛いわ、
おまけにオンドルの電源(ボイラー)途中で切られていて寒いわ・・・。
これから慣れるまで大変だ。しかしあまり無駄使いは出来んし。

今は我慢だと自分自身に言い聞かす。





日本から持ってきていた目覚まし時計で時間を確認すると6時半であった。
日本では滅多に早起きはしないのだが、慣れていないせいと、緊張のせいか、ぱっちり目が覚めたのである。


とりあえず、顔を洗う、歯を磨く、トイレに行くといった一連の作業のため洗面所へ。


洗面所は俺の部屋の真横にある。1階と3階の2箇所に下宿生が利用する洗面所がある。
昨日の夜も洗面所を利用したのだが、あらためて見ると、トイレ、洗面台、風呂、一応かなり広いスペース(6畳くらい)であり綺麗で快適だ。


ただ、ここで日本との違いを発見!

トイレの便器横になぜかゴミ箱が・・・

続きを読む
posted by ジョンホ at 12:01| Comment(5) | TrackBack(0) | 留学生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

第4章 楽しくておいしい生活

そうこうするうち、夜になり、19時頃部屋をノックされた。

買ってきたばかりの掛け布団とまだ整理をしてない私物が散らばっている中、
下宿のおばちゃんが俺の部屋の戸を開け、何やらおいで、おいでのジェスチャー。無声映画かよ(笑)




おばちゃんに連いて、階下へ。1階奥の台所(食堂)へ入る。
食事だ〜!そういえば、腹減ったよ〜と思い、別に意味はないが出入口から一番近い席につく。



しばらくして先程のペクさんが入ってきて当然のように俺の横にドンっと座った。

沈黙・・・ペクさんの横顔を眺める・・・わ、分かった!
続きを読む
posted by ジョンホ at 11:45| Comment(6) | TrackBack(0) | 留学生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

第3章 ジョンホ君 ソウルではじめてのおつかい

とにかく、
「これからよろしくお願いします、ペクさん!」
と答え、続けてペクさんに質問をした。

「あの〜、布団がないので。布団って下宿で貸してもらえるもんなんですか?」
と言ったところ、

「そんなもん、自分で用意せなあかんやろ!買うてこんとあかんよ」と言われた。『買って来いって・・・どこで・・・? 』
「あの〜、どこで布団を買えばいいんですかね?」
と聞いたところ、

「布団屋」とペクさんは一言・・・。俺は心の中で叫んだ。

『わかっとるわい!布団屋がどこにあるかって聞いとるっちゅ〜の!』


「その布団屋はどこに?・・・」
と聞くと、ペクさんは一言、
「知らん。」

続きを読む
posted by ジョンホ at 16:38| Comment(5) | TrackBack(0) | 留学生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2章 おそるべし下宿!

お金をもらった(目的を果たした・・?)先生はあっという間にいなくなり、玄関でおばさんと二人きり。

・・・き、気まずい・・・何か話さなければ・・・言葉が出てこん・・・そんな沈黙の中、おばさんが何やら話しかけてきた。
おばさんは、日本語が全く話せなく、韓国語で話してくる。

『チンプンカンプンだよ〜。韓国語がわからないから、勉強しにきてるんだよ!何言ってるのか分からんよ〜』

と心で叫び、家の中に入っていくおばさんのあとについていく。



外から見たら2階建てかと思ったけど、中2階があり、そこに一部屋ある。実質3階建てだ。
俺の部屋は3階の一番南端で日当たり良好である。
広さは8畳程度。部屋の中は何もなく・・・本当に何もなく・・・
続きを読む
posted by ジョンホ at 16:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 留学生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第1章 ソウル到着 延世大学、さらに下宿へ

金浦空港に無事到着し、荷物を受け取り、外へ。

さ、寒い!何か空気も都会っぽい。何かいろいろな意味でゾクゾクって感じをおぼえた。
これが、武者震いってやつか・・・?



外に出ると、タクシーの呼び込みが激しかった。たどたどしい日本語で

「どこまで行く?」

「こっちに乗って」

「市内、一万円」

怒涛の攻撃、手を引っ張る人、荷物を持っていこうとする人、結構強引・・・。

しかし、どれかに乗らないと学校には行くことができないので、仕方なくそのうちの一人に

続きを読む
posted by ジョンホ at 16:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 留学生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。